沿革

1999年 有限会社ユミルリンクを設立
2000年 ユミルリンク株式会社へ組織変更
携帯端末からの画像合成システムを開発
2001年 フィルタリングシステムにて東京都経営革新支援法の認定を取得
日本政策投資銀行からソフトウェアを担保とした融資を取得
2002年 株式会社サイバーエージェントが親会社となる(サイバーエージェントグループ)
一般第二種電気通信事業者認定
メール配信システムを開発・発売
2003年 デジタルブックサービスの提供を開始
高速メール配信エンジンを独自開発
スクラップソフト「紙Professional」(「紙copi®」)の販売を開始
2004年 スクラップブックソフト「ネタの種」をジャストシステムと共同で開発
2005年 電子署名(S/MIME)に対応したメール配信システムを発売
サイボウズ株式会社が親会社となる(サイボーズグループ)
2006年 Perlのアプリケーション・フレームワーク「TripletaiL®」を公開
アイテック阪神株式会社(現:アイテック阪急阪神株式会社)と業務提携
2007年 「情報の暗号化」に関する米国特許(09/988,237)を取得
2008年 Erlang言語を使用した高精度性能分析ツールを開発
メール配信のトラブルを改善するリレーサーバー「Cuenote® SR-S」を発売
2009年 メール配信システム「Forcast」 を「Cuenote® FC 」へ名称変更
マーケティング効果を高めるメール配信システム「Cuenote® MR」を発売
2010年 SaaSサービス「Cuenote® FCプレミアム」を提供開始
「Cuenote® FC」がメール配信業界に先駆けてASP・SaaSに「ワンタイムパスワード」を標準化
2011年 ASP・SaaS安全・信頼性に係る情報開示認定を取得
アイテック阪急阪神株式会社が親会社となる(阪急阪神東宝グループ)
大阪支店を開設
2012年 株式会社オーララインとEメールマーケティング分野において提携
2013年 情報セキュリティマネジメントシステム「ISMS」認証を取得
アンケート・フォームシステム「Cuenote® Survey」を発売
2014年 ウェブ行動解析ツールと連携した「Cuenote® FC」を提供開始
レコメンドエンジンと連携した「Cuenote® FC」を提供開始
2015年 マーケティングオートメーションツールと連携した「Cuenote® FC」を提供開始
SaaS型メール配信サービス市場で伸長率1位を獲得
2016年 「Cuenote®」シリーズの導入実績が1,000社を突破
沖縄オフィスを開設
2017年 メール配信システム「Cuenote® FC」にHTMLエディター機能、ABテスト機能を追加
2018年 福岡オフィスを開設
北海道オフィスを開設


メールマガジン

ページの先頭へ