プレスリリース

2004/10/26[プレスリリース]

SEO機能を組み込んだCMSの共同開発にネットドリーマーズと提携

ユミルリンク株式会社(本社:東京都渋谷区 代表取締役:計和友紀 以下、ユミルリンク)と、株式会社ネットドリーマーズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:国本恵嗣 以下、ネットドリーマーズ)は、検索エンジンを活用し、効率的な集客と売上アップを可能にするSEOサービスにおいて技術・販売両面で提携し、SEO+CMSパッケージの開発・展開を共同で推進して行くことを決定いたしました。
 
ネットドリーマーズが展開する、サイトマネジメントシステム「4LESS INTERNET」は、Webサイトを構築・運用する際に"Skill Less(特別なスキルが不要)"、"Programming Less(プログラミング不要)"、"Cost Less(導入・運用コストの低減)"、" Manual Less(マニュアルの参照不要)"の4つの"Less"をコンセプトに開発されたWebに最適化されたサイト運用管理用のソフトウェア製品で、サイトの成長や用途に合わせて、7つの機能・5つのソフトウェアから必要なソフトウェアを選択し、順次導入できる拡張性と柔軟性を特徴としています。
 
ユミルリンクは、この「4LESS INTERNET」の5つの製品のうち、Web上に公開するコンテンツファイルの配信管理およびバージョン管理の機能を有するコンテンツマネジメントソフトウェア(CMS)「FILE MANAGER」にSEO技術を連携させ、SEOの特別な知識がない運用ユーザでも容易にファイルの更新時にSEO対策をすることができる「hitmaker CMS」を、10月末よりASPサービスとして月額179,000円(税抜、初期費別途)より提供いたします。*パッケージ提供もあり
 
ユミルリンクは、これまで一般向けにノウハウ本なども出版している著名なSEM会社など6社と技術提携し、去年1年間で約60社に対して、利用企業の業種・用途・要望にあわせたSEO&SEMサービス支援を行ってきました。今後ユミルリンクでは、SEOニーズの特に高い、ECサイトを運用・展開している企業を中心とした幅広い企業に対し営業活動を行い、「4LESS INTERNET」&SEO関連では、年間5千万円の売上げを目標にしています。
 
両社は、今まで培ってきたノウハウと技術を応用し、「4LESS INTERNET」関連に止まらず広告効果検証ツールなどの新製品の開発、サービス作りをすすめていく予定です。
 
「4LESS INTERNET」との組合せによる今後のサービス展開予定
  ・SEO用の独自テンプレートの組込み
  ・コンテンツ管理システム装備の追加バージョン設定
  ・リンクポピュラリティ向上のための「Hawk moth3000ASP」の追加バージョン設定
  (最大3,000箇所のディレクトリタイプの検索エンジンに、最良の状態で登録を行う)


メールマガジン

ページの先頭へ