プレスリリース

2014/07/01[プレスリリース]

オーリックとユミルリンク、メールとWeb行動解析を連携するデジタルマーケティングプラットフォームで協業

- Web行動分析に基づき、顧客の嗜好を捉えた確度の高いメール配信が可能に -

 

阪急阪神東宝グループのユミルリンク株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:清水 亘)とオーリック・システムズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役CEO:幾留 浩一郎、以下 オーリック)は、Web行動解析とメールマーケティング分野において技術および販売・マーケティングで協業し、デジタルマーケティングシステムを共同提供することを発表します。
このデジタルマーケティングシステムの第一号ユーザーとして、「マルチブランド化とオムニチャネル戦略」を目指す夢展望株式会社(本社:大阪府池田市 代表取締役社長:岡 隆宏)が、拡がる顧客ニーズや嗜好性をより正確に認識し、セグメント化することを目的として導入を決定しています。
 
両社が共同提供するデジタルマーケティングシステムは、ユミルリンクのメール配信「Cuenote FC (キューノートFC)」と、オーリックのWeb行動解析マーケティングツール「AuriQ Campaign(オーリックキャンペーン)」間でセグメントされた顧客リストを共有し、メールの受信・開封 → Webサイトのクリック → Webサイト内の行動 → コンバージョンまで、一連の顧客行動を分析しながら、効果的なメールコンテンツの作成、配信先の最適化など、メール配信計画の立案や見直しが可能となり、キャンペーンをはじめとするマーケティング施策の効果を最大化することができます。
 
顧客の意思決定や購買行動が大きく変化している昨今、メールマーケティングは、パーソナライズメールやステップメールなどOne to Oneのアプローチを強化することで、コンバージョン率やリピート率を高めることができますが、そのためには、個々の顧客の嗜好を把握するためのデータ活用が不可欠です。
 
ユミルリンクの「Cuenote FC」は、条件別メール配信や絞り込み配信機能、効果検証や管理機能を備えていますが、オーリックの「AuriQ Campaign」によるWeb行動解析結果を連携させることで、より確度の高いメールマーケティングが可能になります。
 
さらに、「AuriQ Campaign」は、Webログデータ(非構造型)とフォーマットの異なる業務データ(構造型データ)を連携できるので、基幹システムにある顧客データベースや売上データなどを統合して分析することで、ECサイト、会員向け情報配信、O2O(Online to Offline)などの幅広いニーズに対応可能なデジタルマーケティングを実現します。
 
また、「Cuenote FC」は、独自開発した配信エンジンと運用ノウハウにより、PCはもとより、携帯・スマートフォンも含めて、毎時300万通以上の高速・大量配信を実現できます。一方、「AuriQ Campaign」は、月間数億PV(ページビュー)の大規模サイトも含み16,000サイト以上で導入実績のあるオーリックの「RTmetrics」のログ収集エンジンを搭載しており、解析対象のページにタグを貼るなどの追加作業が不要で、携帯・スマートフォンの顧客行動も同一指標で分析できるため、「Cuenote FC」と「AuriQ Campaign」によるソリューションは、あらゆる規模で多様なデバイスを対象とするデジタルマーケティングに対応可能です。
 
ユミルリンクとオーリックは、今後、メール配信、Web行動解析以外のソリューションを持つベンダーとの協業を拡大することで、より幅広いマーケティング活動を支援するキャンペーンマネジメント基盤の提供を目指します。
 

管理画面キャプチャ
 
●「Cuenote FC」と「AuriQ Campaign」の連携の仕組みは以下のとおりです。
 
「Cuenote FC」でメールが配信され、顧客がクリックした時点から「AuriQ Campaign」がWebアクセスログを取得開始します。「Cuenote FC」から「AuriQ Campaign」に送られるメールIDとユーザーIDにより顧客をトラッキングし、顧客の行動情報を取得します。
以下の(1)~(3)を繰り返すことで、高い精度で顧客セグメントが可能となり、最適なメールコンテンツを作成・配信することが可能になります。
 
(1) 「AuriQ Campaign」は メールの開封 → クリック → コンバージョンなどの顧客の行動を把握してスコアリングし、それぞれの反応に対してセグメント化された顧客リストを抽出します。
 
(2) 顧客リストは「Cuenote FC」のデータベースに連携し、その顧客リストに対してメールによるアウトバウンド施策を行います。
 
(3) メール配信後、リンク先のWebサイト内における顧客の行動に関するデータは、「AuriQ Campaign」サーバーに収集され、セグメント化されます。
 

●連携システムのイメージ
連携システムのイメージ
 
デジタルマーケティングシステムで効果的なキャンペーンを実施するためのアルゴリズム開発で支援いただけるテンソル・コンサルティング株式会社様より、以下のエンドースメントを頂いております。
 
データ分析、マイニング技術で培った経験を活かし、Web行動の特性、購買実績、顧客のプロファイリング情報などから最新かつ有効的なモデルを「AuriQ Campaign」に提供していきます。昨今のキャンペーンは受け手にとって、オムニチャネルにより大量に配信される情報に溢れ、情報疲労がおこり非有効情報の排除が行われています。真に必要な情報を欲する人に適量適正に届けなくては、コミュニケーションを拒絶されていきます。テンソル・コンサルティングは適正な関係性を数理モデルから導き、「AuriQ Campaign」のアルゴリズムに組み込み、効果的なキャンペーンシナリオを支援します。
 
テンソル・コンサルティング株式会社 代表取締役 藤本 浩司 様
 

■Cuenote FC について
Cuenote FCは、効果測定・会員収集およびシステム連携に必要なAPIなどを提供するメール配信システムです。月額定額制で利用できるクラウド型サービス(ASP・SaaS)の他、ソフトウェアをライセンスで提供しています。独自開発したMTA(配信エンジン)と10年以上サービスを提供し続けてきたノウハウにより、月間のメール配信数28億通、300万通以上/時の一斉メール配信速度を実現し、スマートフォン・携帯・PCへ高速・確実にメールを届けます。
 
■AuriQ Campaignについて
AuriQ Campaignは、膨大なWebログデータを一括収集して、メール配信後の反応と顧客一人ひとりのWeb行動を関連付けるWebマーケティングツールです。顧客分析やキャンペーンのための効果的なセグメントによって、メールの反応率や適正率を飛躍的に向上させます。月間数億PVのサイトで、PC・スマホ・モバイルなどマルチデバイスの一人ひとりの行動が測定できます。メールなどのキャンペーン施策を円滑にし、かつビジネスにつながる効果を提供します。
 
■ユミルリンク株式会社について
https://www.ymir.co.jp
代表取締役社長:清水 亘
資本金 :1億1,828万円
本 社 :東京都渋谷区恵比寿4-3-8 KDX恵比寿ビル4F
設 立 :1999年7月
事業内容:クラウドサービス(ASP・SaaS)事業、ソフトウェアプロダクト
事業、システムインテグレーション事業、ネットワークマネジメント事業
主要株主:アイテック阪急阪神株式会社
 
■オーリック・システムズ株式会社について
http://www.auriq.co.jp/
オーリック・システムズ株式会社(2002年設立)は、大規模Webシステムのアクセスログに対応する技術をコアとして、RTシリーズでデバイスを問わないリアルタイムなWebマーケティング情報を提供しています。16000サイト以上の顧客で、マーケティングROIの向上に貢献しています。
本社(AuriQ Systems, Inc. 1996年設立)は米カリフォルニア州パサデナにあり、パケットデータやログなどの膨大な非構造化データに関連する技術は、国内トップクラスの実績を誇ります。
最新のテクノロジーを駆使し、Webログデータとフォーマットの全く異なる基幹系・情報系データを連携することを可能にしました。デジタルマーケティング分野で活躍するお客様へ、最大のビジネス効果をもたらすシステム&サービスを提供し続けます。
 

■報道関係者 / 読者 お問い合わせ先
 
ユミルリンク株式会社
広報窓口:杉浦、渡辺
TEL:03-6820-0515 Email: cuenote@ymir.co.jp
 
オーリック・システムズ株式会社
マーケティンググループ:原田
TEL:03-3560-8083 FAX:03-3560-8093 Email: press@auriq.co.jp
 
 
「Cuenote」はユミルリンクの登録商標です。
「RTmetrics」「AuriQ Campaign」はオーリックの登録商標です。
その他、記載されているロゴ、会社名、製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。
プレスリリースに掲載されている情報は発表日現在の情報です。発表後予告なしに変更されることがございますのであらかじめご了承下さい。


メールマガジン

ページの先頭へ