プレスリリース

2011/11/29[プレスリリース]

メール配信システム『Cuenote FC』がスマートフォンに対応

ASP・SaaS事業を展開する阪急阪神東宝グループのユミルリンク株式会社(東京都渋谷区 代表取締役社長:清水 亘)は、メール配信システム『Cuenote FC』においてスマートフォン対応や操作性の向上を図った最新バージョンの提供を12月より開始します。
 
『Cuenote FC』は、シンプルな操作性で企業のメルマガやニュースなどを一斉配信できるメール配信システムです。今回のバージョンアップでは、iPhoneやAndroidといったスマートフォンに最適化したメールコンテンツの作成が可能となりました。特にHTMLメール文書の作成は、画像ファイルや絵文字の挿入、文字の装飾などを管理画面上のエディターで編集することができ、どなたでも
簡単に魅力的なコンテンツ作りが行えます。
 
スマートフォンの利用者は、急速に増加しており、2015年3月末には携帯電話端末総契約数の過半数を超えると予測(※)されています。ユミルリンクでは、こうした市場動向に迅速に対応できるよう、今後もスマートフォン向けの機能拡充を行ってまいります。
 
※(株)MM総研の2011年7月発表資料による


■主なバージョンアップ内容
・スマートフォン/携帯電話向けにHTMLメールを作成するエディター機能を追加
・スマートフォン向けメール文書作成(TEXT/HTML)機能を追加
・スマートフォン向けのマイページを作成・表示する機能を追加
・管理画面のデザインを一新
 
■関連URL
 Cuenoteシリーズ製品サイト:
 https://www.cuenote.jp


■会社概要
 会社名 :ユミルリンク株式会社
 代表取締役社長:清水 亘
 資本金 :1億1,830万円
 本 社 :東京都渋谷区恵比寿4-3-8 KDX恵比寿ビル4F
 設 立 :1999年7月
 事業内容:マーケティング向けソフトウェアプロダクト事業
      自社製品によるASP・SaaS事業(メール配信ASP)
      システムインテグレーション事業
      ネットワークマネジメント事業
 主要株主:アイテック阪急阪神株式会社
 詳細については、 https://www.ymir.co.jp をご覧ください。


【本件に関するお問い合わせ先】
 ユミルリンク株式会社
 広報担当:杉浦 製品担当:五十嵐
 TEL:03-6820-0515


メールマガジン

ページの先頭へ