メールマガジン

2011/07/12[メールマガジン]

【ユミマガVol.64】メール配信システム「Cuenote FC」が迷惑メール対策技術「DKIM」に対応

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          メール配信システム「Cuenote FC」
        ≫≫ 迷惑メール対策技術「DKIM」に対応 ≪≪
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
平素は、弊社製品をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。
この度、メール配信システム「Cuenote FC」が迷惑メール対策となる送信ドメ
イン認証技術「DKIM(DomainKeys Identified Mail)」に対応しました。
  
----------------------------------------------------------------------
  電子メールの約7割が迷惑メール
----------------------------------------------------------------------
国内の主要電気通信事業者が受信する電子メールのうち、約7割(※)が迷惑
メールとされています。迷惑メールの中には、送信元を偽って暗証番号やクレ
ジットカード番号を詐取するフィッシング詐欺やワンクリック詐欺など、さま
ざまな脅威が潜んでいます。ユミルリンクでは、送信ドメイン認証技術「DKIM」
の国内普及を目的として設立された Japan DKIM Working Group の参加事業者
として、当団体が策定する運用規定に基づき、メール配信製品・サービスの
DKIM対応を進めております。
  
DKIMとは、送信元を証明する電子署名をメールに付与し、受信者がヘッダ情報
から送信元ドメインが詐称されていないか確認できるドメイン認証技術です。
受信側のメールサーバーが送信ドメインを管理するDNSサーバーへ署名情報の
照合を行い、送信元の正当性を証明することが可能となるため、メールアドレ
スのドメインを偽ったなりすましメールの対策に有効です。海外では、欧米を
中心に大手のフリーメールサービスやISPなどで導入されており、今後は国内
でも、受信者側の通信事業者における対応が進むことが見込まれています。
 
ユミルリンクは、メール配信システムを提供する事業者として、より健全な
メール市場の形成に寄与すべく、今後もJapan DKIM Working Groupの活動に
積極的に協力してまいります。
 
※ 総務省2011年4月発表資料より
 

■「Cuenote FC」について
 誰でも使いやすい管理画面で、確実に届く高速メール配信が行えます。
 月額1万円(税別)からのASPサービスは、配信数無制限でコストパフォーマ
 ンスに優れたメール配信を実現します。

 URL https://www.cuenote.jp


メールマガジン

ページの先頭へ