ニュース

2011/02/08[ニュース]

「紙copi」の事業譲渡に関するお知らせ

ASP・SaaS事業を展開するユミルリンク株式会社(本社: 東京都渋谷区 代表取締役社長: 清水 亘)は、スクラップソフト「紙copi」の事業を3月31日をもって、当ソフトウェアの原作者である洛西 一周氏(本名: 永田 周一)に譲渡することを決定し、両者間で譲渡契約を締結しましたので下記の通りお知らせいたします。

 
1. 事業譲渡の背景と目的
 
ユミルリンクは、2003年にスクラップソフト「紙copi(当時、紙2001)」の原作者である洛西氏と販売権を含む包括的な契約を締結し、洛西氏と協業で品質および利便性の向上を目的とする機能拡充、およびサポートサービスを展開し、有償版・無償版を含めたユーザー数は、20万にまで拡大しました。
 
さらに、近年のインストール型ソフトウェア市場の縮小に対応するため、2009年よりネット版サービス「紙copi net(カミコピネット)」と連携を実現するための開発を進めてまいりましたが、競合・類似サービスの進出による市場競争の激化が見られ、当事業の継続・発展には、さらなる集中と構造転換が必要になると判断しました。
 
ユミルリンクは、1999年の設立当初より、大規模な会員システムの開発・運用に携わってきたノウハウを活かして、開発した高速メール配信システムを軸に、ASP・SaaS事業を展開しています。
インターネットを利用した顧客コミュニケーションの方法が急速に変化してきている中、企業のマーケティング活動を継続的に支援していくためは、主力事業領域であるメッセージソリューションに注力し、さらに成長させていくことが重要であると考えています。
 
この背景のもと、それぞれが得意とする事業領域に特化することが両者の企業価値の向上につながると判断し、この度の譲渡契約の締結となりました。
 
洛西氏は、2007年12月にNota Inc.を設立後、「紙copi」に関する共同事業の他、全国4300館以上の図書館/図書室に対応した蔵書検索サービスを運営しております。譲渡先が「紙copi」の原作者であり、コンシューマ向けネットサービス・ソフトウェアを得意とする洛西氏であることは、より競合の動きや市場ニーズを見据えた「紙copi」事業戦略の展開やスピーディな開発・提供が可能になると考えております。
 
 
2. 事業譲渡の内容
 
ユミルリンクは、洛西氏に対象事業となる「紙copi」に関連する資産を譲渡します。これに伴い、洛西氏は、対象事業のユーザーサポートおよび関連サイトの運営も引き継ぎます。譲渡には、サポートサービス継続のため、ユーザーの個人情報も含まれます。個人情報の提供を希望されないユーザー向けに、個人情報の個人情報削除依頼窓口を用意しております。


3. 譲渡日
 
2011年3月31日


4. 譲渡後の運用・営業活動について
 
2011年3月31日をもって事業譲渡の実行日とし、引渡し手続きを実施します。譲渡対象の「kamilabo.jp」他2サイトの管理・運営については、2011年3月31日より洛西氏が行います。なお、「紙copi」のサービスブランド、利用ドメイン名はそのまま継承し、ユーザの皆様にはこれまでと変わらぬサービスを提供してまいります。 


 
■会社概要
 会社名 :ユミルリンク株式会社
 代表取締役社長:清水 亘
 資本金 :1億1,830万円
 所在地 :東京都渋谷区恵比寿4-3-8 恵比寿イースト438ビル4F
 設 立 :1999年7月
 事業内容:マーケティング向けソフトウェアプロダクト事業
      自社製品によるASP・SaaS事業(メール配信ASP)
      システムインテグレーション事業
      ネットワークマネジメント事業
 関連会社:サイボウズ株式会社
 詳細については、https://www.ymir.co.jp をご覧ください。


メールマガジン

ページの先頭へ