メールマガジン

2010/08/25[メールマガジン]

【ユミマガVol.61】エラーアドレスのリアルタイム同期で高可用リレー環境を実現

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     メールリレーサーバーCuenote SR-Sをバージョンアップ
  ≫≫エラーアドレスのリアルタイム同期で高可用リレー環境を実現≪≪
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
平素は、弊社製品をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。
 
この度、クラスター構成に対応させたリレーサーバー「Cuenote SR-S」2.1.0
の提供を開始しましたので、ご案内申し上げます。
 
本バージョンは、メールアドレス毎のエラー回数・エラー履歴など、これまで
それぞれのリレーサーバー毎に記録していたエラーアドレス情報を全サーバー
間で同期する機能を追加しました。
 
これにより、メール転送性能やシステムの可用性向上を目的に、リレーサーバ
ーを増設し並列運用する場合でも、既存システムの改修や運用にかかる負担を
低減しつつ、高い配送効率を実現します。
 
安定したメール配信を継続するには、配信エラーとなるメールアドレスのクリ
ーニングが重要な要素の一つです。
「Cuenote SR-S」のエラーアドレス管理機能では、配送するメールアドレスが
過去に配信不能であった場合に、自動的に配信を除外することで高い配送効率
を実現します。
 

■関連URL
 https://www.cuenote.jp/sr-s/


メールマガジン

ページの先頭へ