ニュース

2006/07/28[ニュース]

ウェブアプリケーション向けフレームワーク「TripletaiL」のベータ版を公開

ユミルリンク株式会社は、システム開発の効率化および品質維持を目的に、日本語のウェブアプリケーションを構築するためのフレームワークを開発、改良を重ねてきました。この度、Perlユーザの支援を進めるため、バージョンアップ版である「TripletaiL(トリプルテイル)」ベータ版をオープンソースソフトウェアとして公開しました。
 
本フレームワークを利用することで、各種脆弱性に対する対策(SQLインジェクション、XSS、CSRF等)が容易に行えます。また、プログラムの記述にルールを持たせるため、複数人での共同作業が行いやすくなります。世界的にPerl関連のモジュールを集積・公開しているサイト「CPAN」(http://www.cpan.org/)へ登録しています。
Perlライセンスの元で、利用形態を問わず自由に利用・配布・改変が可能です。
 
ユミルリンクは、設立当初より開発の基本となるモジュールのフレームワーク化を推進、独自フレームワークを採用した企業向け開発案件の実績が豊富にあります。
高速メール配信や広告配信などのマーケティングソリューション、会員DBと連動するECやコミュニティサイトなど、これらの受託開発により蓄積したノウハウ・技術を基盤に改良や機能拡張を施しています。
 
今後、エラーメッセージやデバッグ機能向上などの機能拡張を随時行っていく予定です。ユミルリンクは、ノウハウの共有を積極的におこない、フレームワークを通じてオープンソースソフトウェアの発展に寄与してまいります。
 

■特徴

 ・下位互換性の重視
 ・ファイル数が少ない
 ・継承が不要で障害時等の動作ロジックを短時間で把握可能
 ・プラグインアーキテクチャを採用せず基本機能での使いやすさを重視
 ・TLのみでウェブアプリケーションを構築可能
 ・デバッグ支援機能 -トレース・変数表示・ポップアップ
 ・セッション機能(DBがある場合)
 ・HTMLテンプレート機能-プログラムとテンプレートの分離
 ・日本語文字コードへの自動対応
 ・日本語メールへの対応
 ・FastCGIへの対応
 ・DB(現在はMySQLのみ)の容易な利用-MySQLレプリケーションへの対応支援機能
 ・memcacheの利用の支援機能
 ・設定ファイルの柔軟な切り替え(サーバ・リモートIP・呼び出し元毎)
 ・フォームの利用の支援機能
  例えば、Formに対して入力された情報を再びFromに表示する際、
  以下のように1行で実現できます
  $TL->newTemplate('test.html')->setForm($CGI);
 

■動作環境

 OS:Linux
 ソフトウェア: Perl5.8.0以上(必須),Apache,MySQL,FastCGI,Memcached
 

■概要

 名  称 :TripletaiL(TM)ベータ版
 提供形態 :オープンソースソフトウェア
 開  発 :ユミルリンク株式会社
 ダウンロード:http://tripletail.jp/dl.html


メールマガジン

ページの先頭へ