プレスリリース

2005/11/07[プレスリリース]

学習型の迷惑メール対策ソフト「クイックPOPFile」テスター版の提供開始

インターネット・コミュニケーションに関するソリューションの開発・提供を行うユミルリンク株式会社(本社:東京都渋谷区 代表取締役:計和友紀)は、自動で迷惑メールを振り分けるソフトウェア「クイックPOPFile」の取り扱いを決定し、品質向上を目的にテスター版を11月8日より限定 200名に配布します。
 
テスター版利用者から意見や要望等を募り、今後の製品開発、販促活動に反映していきます。尚、テスター利用者には製品版を無料で提供します。
 
企業または個人宛のメールボックスに身覚えのない送信元から大量に届く迷惑メールにより、業務効率の低下に繋がるケースが増えてきています。当ソフトウェアは、導入時に数十通程度の正常メールを事前に学習させることで、ベイズ理論に基づき自動で正常メールを判定していきます。誤った判定をした場合は、正常な判定を記録させることで次回以降の判定に反映させます。
 
「クイックPOPFile」の根幹を担う内部エンジンには、迷惑メールの判別、振り分け機能として既に実績の高いオープンソースソフトウェア「POPFile」(*1)を採用しています。オープンソースソフトウェアのすばらしさをより多くの方に知っていただきたいという理念に基づき、当初より「POPFile」の日本語化を手がけている石原淳也氏が所属するウノウ株式会社が開発を担当し、ユミルリンク株式会社が独占販売権を取得しました。
 
ユミルリンクは、売上の一部を「POPFile」の非営利で開発・サポート・ドキュメンテーションを行うコミュニティに還元することで、今後のオープンソースの発展のために役立てていただきたいと考えております。
 
(*1)POPFileとは
ベイズ推定を利用して電子メールを自動的に分類する POP3 プロキシー、およびWEBインターフェース。SourceForge.net 上で John Graham-Cumming 氏を中心に開発されたオープンソースソフトウェア。日本を含め、現在12ヶ国語に翻訳されている。


メールマガジン

ページの先頭へ