プレスリリース

2005/05/30[プレスリリース]

セキュリティ強化と作業効率の向上を実現するNovellのサーバ集中管理システムを採用

ユミルリンク株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:計和友紀、以下ユミルリンク)とノベル株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:吉田仁志、以下ノベル)は、ユミルリンクが多数のLinuxサーバを自動集中管理するために、ノベルのLinux管理製品「NovellR ZENworksR Linux Management」(以下ZENworks Linux Management)を採用したと発表しました。ユミルリンクは、ホスティグサービスやSI事業を提供するLinuxサーバに同製品を導入することで、アプリケーション管理やパッチ配布の自動化を実現しました。これにより、システムのセキュリティと信頼性を強化すると同時に、GUIベースの操作によるオペレーションの簡略化で、運用に掛かるワークロードやITコストの大幅な削減を図ります。
 
ユミルリンクは、1999年の設立当初よりLinuxをベースとしたSI事業やホスティングサービスを展開しています。最近では、1度に100万〜500万件のメール配信を1Uのサーバ1台で実現するメールソリューションシステム「Forcast」や、オンライン・ショッピングモールのアフィリエイトシステム(成功報酬型の広告システム)などの分野で、大規模なシステム構築・運用の需要が大きく伸びています。それらの負荷に耐える高い安定性と拡張性を兼ね備えたOSとして、ユミルリンクでは、昨年末より、Novell SUSE LINUX Enterprise Serverの導入を進めており、本日現在、全サーバ300台中60台がSUSE LINUX Enterprise Server上で稼動しています。これら多数のLinuxサーバへのソフトウェアのインストールとアップデートに必要な設定、配布、ユーザ管理や、インストール対象となるマシンのグループ化を一元的に行い、セキュリティを常に最高の状態に保つために、ユミルリンクではZENworks Linux Managementの導入を決定しました。これにより、セキュリティパッチの見落としを未然に防止しながら、集中管理による作業の効率と精度の向上が果たせることとなりました。
 
 <ZENworks Linux Managementの主な機能>
* 各種Linuxディストリビューションのアップデートサービスから提供されるパッケージ更新版を入手
* Linuxソフトウェアのインストール/アップデートのシンプルかつ一元的な管理
* Linuxアプリケーション、パッチプログラムを各種LinuxディストリビューションのFTPサイトより自動的に取得し、管理対象Linuxへの配布を集中管理
* Linuxソフトウェアのパッチ情報の収集からデプロイメントまでを自動的に処理
* ロールバック機能により配布ソフトウェアを配布前の状態に戻すことが可能\n * 階層的な構成により管理サーバを分散させ効率のよい配布を実現
 
◇ ユミルリンク株式会社について
5分で100万通のメール配信を実現するメール配信システム「Forcast」をはじめ、インターネットを利用したコミュニケーション、メッセージソリューションを開発・提供する企業です。詳細はこちらのサイトをご覧ください。https://www.ymir.co.jp

 事業内容:メールソリューション事業
        PCソフトウェア事業
        システムインテグレーション事業
        サーバハウジング/ホスティング
        SEO事業
 
◇ ノベルについて
Novell, Inc. (米国本社) は、43カ国、50,000社以上のお客様企業に対し、インフラストラクチャ関連のソフトウェアとサービスを提供する先進企業です。企業データセンターから部門レベル、デスクトップにわたるソリューションで20年以上の実績を持ち、世界中の6,000人の社員と5,000のパートナ、サポートセンターによって、Identity Driven Computing(アイデンティティを基盤とするコンピューティング環境)とLinuxソリューションへのお客様のニーズに応えています。商用ソフトウェア
とオープンソースソフトウェア双方の分野においてエンタープライズクラスのソフトウェアとサポートを提供し、業務の柔軟性の向上と選択肢の拡大、TCOの削減を実現します。ノベル株式会社は、Novell, Inc.の日本法人です。詳細はこちらのサイトをご覧ください。(Novell, Inc. www.novell.com/ ノベル株式会社 www.novell.co.jp


メールマガジン

ページの先頭へ